企業情報

沿革

シモダフランジは1946年に創立されました。1984年には、次世代に向けて高付加価値製品に特化。以来、長年の間 専門特化の強みを活かし国内にとどまらず広く世界中に鍛造製品を納めてまいりました。近年ではその強みを新たな分野に活かすべく新しい挑戦を始めています。

1946

創業

創業者 下田信一が播磨造船所の下請工場として造船部品工場を創業。船舶の小型艤装など多種多様な船舶部品を製造

創業

1948

設立

株式会社下田鉄工所を設立。相生市旭二丁目に自社工場として旭工場を構える。

1963

フランジ専門工場へ

JIS規格鋼板製フランジの一貫生産工場として、相生市竜泉町に竜泉工場(本社工場)を新設

フランジ専門工場へ

1965

中小企業庁長官賞 受賞

1975

竜野工場新設

原材料である鋼材を竜野工場で在庫し、受注が決まれば即生産できるような体制を構築し納期短縮を実現。

1976

脱造船 海から陸へ

陸上プラント用フランジへの転換計画をスタート。積極的営業により、カナダより輸出案件の初受注を達成。

1980

ハイグレード製品の開発

ハイグレード製品の開発によりアラスカパイプライン用フランジの大量受注に成功。

ハイグレード製品の開発

1984

ハイグレード製品への転換

将来を見据え鋼板フランジ製品から撤退。次世代に向けてフランジを含めた鍛鋼製の高付加価値製品に注力する

1987

一貫生産体制の確立

最新システムの導入や機械設備の近代化により受注から納品までムダのない一貫生産体制を確立した。

一貫生産体制の確立

1990

社名変更

グローバルに幅広く活躍するフランジ専門メーカーとして企業飛躍を願い「シモダフランジ株式会社」に社名変更

社名変更

1996

ISO9001取得

品質管理体制の抜本的見直しを実施。日本のフランジメーカーとしては初めてISO9001認証を取得した。

ISO9001取得

2007

北工場 新設

本社工場に新しい機械加工工場を新設。最新気鋭の5軸マシニングセンタにより、3次元加工品の生産を増強

北工場 新設

2008

欧州圧力容器指令 PED/97/23/EC取得

欧州向けの火力プラントや化学プラント用の製品に関する規格を取得し、欧州向け製品の受注を多く獲得した。

2012

ASME CMO取得

米国機械学会(ASME)による原子力部品の製造に関する認定を取得。厳しい品質基準につき取得した会社は世界でも数少なく、日本は4社のみ。

2013

発明実施功績賞受賞

鍛造したブロックから加工削り出しで製作するエルボが発明実施功績賞を公益社団法人発明協会より受賞。

発明実施功績賞受賞

2014

ISO14001取得

自社の活動による環境負荷を最小限にするように境マネジメントシステムを構築し、認定を取得した。

ISO14001取得

2016

Achilles JQS に登録

石油メジャーを中心とした会社からの製品受注を目的として、石油・天然ガス産業の資格認証団体であるAchilles (アキレス)にサプライヤー登録した。

Achilles JQS に登録

2016

旋削加工技術の特許を取得

従来技術では加工できなかった外径1500mm以上の大径品のネジ加工方法を開発し特許を取得。現在多くの建築土木工事にこの技術で製造したネジ継手が採用され、年々増産傾向である。

旋削加工技術の特許を取得

2017

NORSOK 取得

石油・天然ガス用途向けではグローバルスタンダードになりつつあるNORSOK規格に基づく認定を二相ステンレスの鍛鋼品の拡販を目的として取得した。

NORSOK 取得