採用情報

社員インタビュー

森 浩之

社員の想いに応える
環境がある

生産管理部 製造課
森 浩之

 世界に羽ばたく製品を 地元である相生から

シモダフランジを初めて知ったのは学生の時でした。毎日通学に使っていた相生駅、特産品として並べられた展示物の中に当社の製品がありました。当時はフランジというものが何なのかも知らず「地元にこんな製品を作る会社があるのか」と眺めていただけでしたが、就職活動をはじめ、”世界のシモダ”として海外へも広く製品を送り出していることを知り、そのスケールの大きさに魅力を感じました。

 また依頼したくなる製品を

NC旋盤を使ってフランジ等の製品を製作するのが私の仕事です。 基本工程や加工方法を見直し、日々時間短縮や完成品の精度向上に努めています。取り扱ったことの無い難解な形状や材質などを手掛けることが多く、 壁にぶつかることもありますが、なんとか突破口を見つけて出来上がった時の達成感は得難いものです。「またシモダの製品を使いたい」そう思って頂ける製品づくりをこれからも大切にしていきたいです。

 社員の想いに応える環境がある

シモダフランジは長年の伝統がありながら、常に先を読み、新たなチャレンジをしている会社です。私自身もこれまでは対応できなかった加工内容を実現したりと、自ら提案し取り組んでいます。自分の中で目標を持ち1つ1つ達成していくことは非常にやりがいがあり、苦い経験も知識として自分を成長させてくれています。意気込み次第で貴重な経験が積めるこの環境は当社の魅力の一つです。

その他のインタビュー記事