採用情報

社員インタビュー

浦川  博史

畑違いの業界から
シモダフランジへ

業務部 技術管理課
浦川 博史

 畑違いの業界からシモダフランジへ

大学で金属材料を学んでいたこともあり、いつか鉄鋼製品の製造業の仕事に携わりたいという思いがありました。しかし、前職は「半導体関連」と仕事で畑違いであったため中途採用で会社に貢献できるか不安で自信がありませんでした。そんなときに面接で「焦らなくていいから会社の雰囲気に慣れてゆっくりいろんなことを覚えていったらいいよ」と言って頂いて、すごく気が楽になり入社したいと思いました。

 要領書の作成から材料研究まで

顧客が要求する製品の製造可否検討や、受注した製品の製造検査要領書の作成が主ですが、新規設備の導入検討、新規材料の研究開発等、様々な分野に携わっています。製造工程おける鍛造方法や熱処理条件を変えることで全ての試験がクリアできた時は達成感があります。また、近年は国内の技術発展のため、独自の研究開発を行う企業には国や県から補助金が出るのですが、提出した計画書が承認されて補助金が受給できた場合は嬉しいですね。

 課題に挑み続ける

研究開発等の新しい取り組みは特に、無限の可能性の中から解を見つけていくのは大変ですが、そこにこの仕事の面白さを感じます。うちの会社は経験豊かな方が多く、様々な意見や知識を学ぶ環境に恵まれています。固定観念にとらわれず益々技術の知識を増やして、技術的な部分で顧客からの質問やニーズに即座に応えられるようになっていきたいです。

その他のインタビュー記事